転換性障害 失声症

スポンサードリンク

転換性障害 失声症

 

失声症は失語症と混同されることもある病気ですが、全く異なる病気です。

 

 

失語症は外傷や脳出血、脳こうそくなどで脳の言語をつかさどる領域に器質的な異常が生じて言葉をしゃべれなくなる病気です、

 

この場合、エリアが大きければ言葉全体何も話せません。

 

ですが、エリアが小さければ特定の言葉だけ出てこない、理解できないなどの不思議な症状が出ます。

 

 

これに対して失声症は心的な葛藤が原因で言葉を発することができなくなる状態です。

 

この患者さんの特徴は、言葉を理解できなくなっているわけではなくて、しゃべろうとしてもしゃべれないだけです。

 

 

この失声症の特徴的な症状に、親しい人とは喋れるけれども、一般の人とはしゃべれないというものがあります。

 

場面失語という言い方もしますね。 

 

 

この失声症の症状が出ている人が出てくるようなドラマや漫画は非常によく見かけます。

 

特徴的に使われていたのは新世紀エヴァンゲリオンの葛城ミサトさんですね。

 


新世紀エヴァンゲリオン TV版 プラチナ コンプリート DVD-BOX (全26話+ディレクターズカット版4話, 660分) [DVD] [Import]

 

14歳の時に南極基地で遭遇したセカンド・インパクトの衝撃が強すぎて長らく失声症に陥っていたことになっています

 

(失語症と書いているサイトは間違いです)。

 

 

失声症は複数の原因で起こり得るのですが、転換性障害の特徴的な症状であると言えます。

 

葛城ミサトさんの場合にはあまりにも衝撃的だったセカンド・インパクト(彼女の家族を含めて彼女以外の全員が死亡)のことが原因です。

 

それについて語りたくない、それに触れることで精神が不安定になる、そこから自分を守るために発生した身体表現性障害だと思われます。

 

 

彼女はその状態から時間をかけて徐々に回復し、大学入学も果たして最終的には使徒と戦う組織の作戦課長として働くことになるのですけれども。

 


新世紀エヴァンゲリオン (1-13巻セット 以降続巻) [?] by 貞本 義行; カラー; GAINAX

 

 

。。。って、すみません、エヴァンゲリオン知らない人にはどうでもいい話でしたね。

 

しかも何の話だか分からない(^^;)。

 

スポンサードリンク

転換性障害 失声症について関連ページ

過喚起発作
転換性障害の症状の一つとして認識されることのある過換気発作ですが、よく考えてみるとそうではないようにも見えてきます。なぜかというと・・・
失声
転換性障害の症状の一つに喋れなくなる、聴こえなくなる、見えなくなると言った感覚の喪失があります。そのうち印象的なのがしゃべれなくなる失声ですね。
けいれん
転換性障害の症状の一つにてんかん発作に酷似した身体症状があります、でも、よく調べてみると・・・
人造人間16号の最期の言葉
転換性障害の具体例としてドラゴンボールのエピソードについて触れてみました。まだ力を覚醒できなかった頃の孫悟飯のお話です
頭痛
転換性障害で発生する頭痛についてです。一番ありふれていて、でも、対応に困るものですね。