転換性障害とは

スポンサードリンク

転換性障害とは

 

転換性障害という病気があります。

 

言葉の響きからてんかん(癲癇)と混同されますが、全く別の病期です、でも、症状がものすごく似ていることもあります。

 

なぜなら、転換性障害とは他の病期を模倣する病気であるともいえるからです。。。

 

 

転換性障害とは、心理的な葛藤やストレスが心身の症状として現れるもので、かつては転換型ヒステリーと称されていた精神疾患の一部です。
(転換型ヒステリーは、DSM-III分類以降に身体表現性障害に含まれ、その下位分類の中の複数の項目、身体化障害、転換性障害、身体表現性(心因性)疼痛障害などとして分割されました。)

 

転換性障害の特徴は、出現する運動障害(主として随意運動障害)がさまざまな症状として現れるものの、その運動麻痺の出る範囲やパターンが神経学、生理学、解剖学的法則に従わない、つまり脳梗塞などの器質的疾患が原因で発生する運動障害と異なるケースがほとんどであることです。

 

転換性障害では運動障害だけでなく、知覚消失などの感覚障害としても症状が現れるのですが、これもまた、神経学的に理解のできる範囲の感覚消失ではありませんし、神経系になにも異常が見つからないのにその範囲がどんどん広がったり消えたりすることがあるのも特徴です。

 

同様に、しばしば認められる歩行障害も神経内科領域の疾患に認められるパターンのどれとも合致しないことが多いのです。

 

要するに、転換性障害には身体機能そのものの障害はなくて、心因性の制御不全により、運動麻痺、感覚麻痺、歩行障害、時に癲癇に似た痙攣が出るなどの身体症状を呈する疾患なのです。 

 

 

ただしこの身体症状を患者さん本人が意図して演じているわけではありません。

 

無意識に操られている、そこにこの疾患の最大の問題があります。

スポンサードリンク